2009年05月29日

本より♪

最近、お客様がお貸しくださった、「禅の教え」について書かれた“道元「禅」の言葉”という本を読んでいます。

今日読んだ箇所から、学びの言葉をるんるん

“他人に頼らない”と題し、書かれている中に、
仏に逢うては、仏を殺し、 祖逢うては、祖を殺す

という言葉があり、これは、仏教の正当な修行の方法を教えているもので、私たちは、うっかりすると仏様に会うと、何かにおすがりしたくなる。 祖師たちに会うと、何か教えてもらいたくなる。 仏道に生きるとは、けっして、仏や祖師たちにすがって教えてもらうものではない。他者に頼らず、自分の中にある仏性のすばらしさに目覚めることだと目

この言葉は、まさに私自身あせあせ(飛び散る汗)
つい、何かに頼って答えを求め、楽に答えを得ることを考えてしまう弱い私の心そのものたらーっ(汗)

でも、最近のメッセージでは、自分を信頼し、自分の心の中にある真実に自分自身で気づいていかなきゃダメだって来ていて、こうしてまた、ダメ押しとも言えるメッセージ黒ハート
と同時に、今進んでいる道は間違いではないよexclamation っていう神様からのシグナルぴかぴか(新しい)

この本を読み出してから気づくことは、真実は一つなんだってこと。
仏教にしても、キリスト教にしても、そしてスピリチュアルにおいても、求めているものというか、真実は一つ。
そして、それぞれの表現で、それぞれの角度からそれを表しているにすぎないんだってひらめき
そんな大切なことも、改めて伝えてくれている本でもあります。

この本と出合わせてくださった全ての導きに感謝ぴかぴか(新しい)


posted by 光の天使 at 23:59| Comment(0) | 光のギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。