2008年12月24日

なくしたものは...

この記事、本当はもっと早くに書きたかったのに忙しさにかまけてこんなに遅くなってしまいましたたらーっ(汗)
神様からはもっと早くにギフトをいただいていたのに...

これは、12月6日にいただいていた気付きですあせあせ(飛び散る汗)
その日は、小田和正さんのドームコンサートに行ってきましたるんるん
そう、“なくしたものを探しに”というブログを書いた翌日ですひらめき

あのブログを書いた後、やはり自分の中に許せない感情があることをどこか攻めてしまっている気持ちがあったんですたらーっ(汗)
知識では、許せない感情は結局は自分への傷となって返ってきてしまうと知っていても、クリスマスになると必ず小学生のときの出来事を思いだし、それと同時に真っ先に浮かぶものは、その先生への憎しみの感情。それは、紛れもない事実。
私はどこで大切なものをなくしてしまったのだろう...
そのことを考えながら、コンサートの会場にいたのでするんるん

コンサートが始まる前、会場で倒れた方が出たため、開演が30分ほど遅くなったんです。
これにはきっと何か意味がある、どんな意味があるのだろうと単にコンサートを楽しむだけでなく、ちょっとだけアンテナを他にも向けておこうと意識しました目

コンサートが始まり、あの透明感のある小田さんの声がすーっと心の中にしみこんできました。
あの声を聞いているだけで、自然に涙が溢れ出す。
そう、奇跡の歌声。
何度も何度も、涙があふれてきました。

そして、小田さんのピアノでの弾き語り。中央でピアノを弾く小田さんに青い光のスポットライトが当たるのを見ながら、一瞬にして自分が海スポットライトが当たっているのは目の前の小田さんなのに、海の底で光が注がれているのは間違いなく私自身。
小田さんの歌声とともに、容赦なく天からの光が心にどんどんしみ込んでくる。
その歌声と光を感じながら、自分の心の奥底に封印していたたくさんの蓋に気付いたのです。
そして、なくしてしまったもののありかを発見したのですぴかぴか(新しい)

なくしたもの、それはどこでもない、ちゃんと自分の中にあったんです。
というより、どこにもなくしていなかったんですよねるんるん
自分が勝手に封印してしまっただけ。
心の奥深くに閉じ込めてしまっただけ。

もうクリアーしただろうと思っていた自分の課題、ふとした瞬間にまた湧き上がってきて見させられ、そして落ち込むたらーっ(汗)
それは、自分の中にその課題が潜んでいることを教えてくれているに過ぎない。
私がすべきことは、その一つ一つの蓋にスポットライトをあて、硬く閉ざされているその蓋を開けてあげること。
そして、自分の中の闇、傷だと思っていたその一つ一つを開放し、光に変えていくこと。

神様は、ちゃんと答えを用意してくれていた黒ハート
しかも、あんなにも分かりやすく、目に見える形でぴかぴか(新しい)

そして、今感じていますぴかぴか(新しい)
私の中に、その小学生のころに受けた傷が癒されていることを...
先生への憎しみが消えていることを...

今更ですが、今こうしてこのブログを書く時間が与えられていることの意味を知りました。
今、この記事を書く作業を通して、自分の心の変化に気付くことが出来ました。
今日こそは書くぞ!と思ったときには、正直この自分の心の変化には気付いていませんでした。
“なくしたものは自分の中にあったぴかぴか(新しい)”という内容だけになるはずだったのにダッシュ(走り出すさま)

傷が癒されていること、先生への憎しみが消えていることを書きながら気付きました。
というか、単にその出来事にスポットライトを当てる作業をしていなかったということかもしれませんがひらめき

そして、年内にやらなければいけない私の課題は“許しと開放”
この課題は、瞑想中に与えれれたものなのですが、う〜〜〜ん、つながっているなぁ。
なぜこのことに気付くのに、こんなに時間がかかってしまうのだろうあせあせ(飛び散る汗)

でも、こうして気付けたことに感謝黒ハート
まだ2008年でよかったぴかぴか(新しい)
さっ、心の大掃除だわるんるん





ラベル:許し
posted by 光の天使 at 11:54| Comment(0) | 光のギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。