2018年02月14日

数字(見えている一部)にすべての真実がある訳では...

今思えば、あの時からこのサインは届いていたんだ

大学で栄養学を学び、ダイエットのきっかけとなり、そして過食症の引き金となってしまったあの時から...

もちろん、必要な情報を届けてくれるものには違いない

でもね、それだけに囚われてしまうと、多分、大切な物を見落としてしまう

私はその間違いゆえに、せっかく体重は落ちたのに、過食症になった
しかも、14年も...

大好きな食べ物、幸せを届けてくれる食べ物が「敵」としか感じられなくなったら〜

21歳でこの渦に巻き込まれ、過食症は出なくなってはいたけれど、本当の意味でこの呪縛から解かれるまでに23年

いくら体験型とはいえ、この人体実験が、これ以降の健康状態にどんな影響が現れてくるかは今の私にはわからない

でも、得たものは間違いなく大きい
しかもこれは1つの象徴なだけで...

それから何を得るか
それからどれだけの叡智を得られるか
それは多分一人ひとり違う

もちろん私が完璧な訳でも
これがすべてでもない


今一番感じているのは、
「自由」・「解放」
この流れでこれって変かもしれないけれど...

束縛から解き放たれた感じなんですよね〜
なんか自分でも不思議なんですけど
posted by 光の天使 at 11:10| Comment(0) | 過食症からの卒業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お姉ちゃんらしく〜

ちょっと前から届いていた「お姉ちゃんらしく...」 っていう、メッセージ。


完ぺき主義の人間にとって、いえ、この言葉が逆に私を完ぺき主義にいたのか


「〇〇らしく」とか「普通」であるって、とっても危険な言葉


だって、100%の答がないんですから


自分なりにその姿を追い求め、そうじゃない自分を攻め、そして、どこまでいってもOKの合図は届かない


誰かにいつもチェックされているようで、見えない目に怯え、そのたびに小さな傷が蓄積されて...


こんなんじゃ、いつか限界がきて当然だったんですよね
でも、最初は自分ですら限界が来たってことに気付いていなかった


ただ、食べているときが幸せだった


変なジャッジの目から解き放たれたから


何も考えなくて良かったから


そして、誰にも言えなかった想いを、一気に吐き出した


言葉ではない形で...


でもね、そんな不器用な私だったから気付けたことがある


人間、そんなに強くないって


私は1人で生きて行けるなんて言い張っていたけど、こんなにももろかったんだって


それを知って、ちょっとずつ自分にも優しくなって、沢山の支えがあったことを知って


愛されていたってことを知って


そして、何よりも、ジャッジの目を作っていたのは自分だったって知って


沢山の人が、身近にも同じ悩みを抱えている人がいるって知って、びっくりした。


そして、そのために、私は過食症という学びを与えられたのかなって


だって、本当の苦しみ、痛みは、自分がなってみなきゃわからない


それでも、その苦しみの全てがわかるわけじゃない


あくまでも自分の例ってだけで、みんなそれぞれ苦しみは違うから...


でもね、これだけは言える
必ず、癒される時がくる

必ず、卒業の日が来る

その経験の全てが、光に変わる時が来る

人それぞれ、その時間は違う

焦らないで

もうそれ以上、自分を攻めないで

もう既に、いっぱいいっぱい傷ついているのだから...

あなたにあげるね魔法の鍵を


“大丈夫。もうあなたは知っている。
卒業できるってことを
自分が癒されたってことを
卒業おめでとうって祝福されているあなたを”




posted by 光の天使 at 11:09| Comment(0) | 過食症からの卒業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主人に告白

実家に帰ると、まだまだ自分は未熟だなって感じさせられる。

これだけスピリチュアルの勉強をしてきているのに、対家族になると別なんだよね

感情的になってしまうというか、冷静でいられなくなるというか...
そして一番大切な問題から逃げてしまっている自分がいることを突きつけられる

う〜〜〜ん、まだまだ先は長い

他人の目が気になって仕方がなかった私、本来の自分の気持ちを素直に言えなくなった私がどうして形成されたのか...

でもこの全てがあったからこそ、今の私にたどり着けたわけで

それでもどうしても耐えられず、涙があふれてきた...
これから両親と出かけるというのに


慌てて目薬を差して下に下りて...


名古屋に帰る車の中で、そのことを主人に話した。
気付いていなかったとのこと、ほっとしながらも、そうやって小さい頃から両親には心配かけないように自分の本当の心は見せずにきたんだよね って再び実感。

なぜだろう、自然に過食症の話になり、実は結婚してからも症状があったことを初めて告白した。
全く気付いてなかったとのこと。
まっ、彼の前は過食も嘔吐もしてなかったしね!

優しい主人だから、案の定自分のせい?って

あなたの出会うもっと前からだって
あなたの出会って、結婚したから卒業することが出来たんだよって

でも、すかさず、出会ってなかったら、もっと早く卒業できてたんじゃないって
あっ、そういう考えもあるか〜〜〜

これで、主人への隠し事はなくなった

でもね、きっと両親、特に母親には一生言えないなって

もう、手放せたから言う必要もないんだけどね
posted by 光の天使 at 11:07| Comment(0) | 過食症からの卒業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。